断機の戒め(読み)ダンキノイマシメ

精選版 日本国語大辞典の解説

だんき【断機】 の=戒(いまし)め[=教(おし)え]

(中国の孟子が、学業の半ばで師のもとから帰宅した時、機(はた)を織っていた母が、刀で機の糸を断ち切り、学業を中途でやめることは織りかけた織物をたち切るようなものだと戒めて、孟子を返したという「列女伝‐鄒孟軻母」の故事から) 中途で業を捨ててはいけないという教え。
※近江聖人(1892)〈村井弦斎〉皹「中途にて立戻り候はば此母は決して逢ひ申すまじ、孟母の賢は及ばずとも断機(ダンキ)の教(ヲシヘ)は守る覚悟にて候へば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android