新宮宮内遺跡(読み)しんぐうみやうちいせき

国指定史跡ガイドの解説

しんぐうみやうちいせき【新宮宮内遺跡】


兵庫県たつの市新宮町新宮にある集落跡。JR播磨(はりま)新宮駅の駅裏ということもあり、1965年(昭和40)ごろから急速に開発が進められたため、予備調査などが行われた結果、播磨にある低地性遺跡としては最初の竪穴(たてあな)住居跡が検出され、揖保(いぼ)川流域では初めての縄文時代後期の遺跡であることが明らかになった。その後の調査では、ほぼ東西400m、南北230m以上の広がりをもち、縄文時代から平安時代にかけて、集落が営まれたことが判明。弥生時代中期の集落跡や竪穴住居群、多量の土器、特異な遺物である分銅形土製品が出土するなど、揖保川中流域の典型的な遺跡として1982年(昭和57)に国の史跡に指定された。現在、史跡公園として、円形周溝墓などが復元されている。JR姫新線播磨新宮駅から徒歩約4分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる