コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新庄直計 しんじょう なおかず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新庄直計 しんじょう-なおかず

1787-1845 江戸時代後期の大名。
天明7年1月8日生まれ。新庄直規(なおのり)の長男。享和3年(1803)常陸(ひたち)(茨城県)麻生(あそう)藩主新庄家(第2次)7代をつぐ。大番頭(おおばんがしら),奏者番をつとめる。家臣の不足をおぎなうため有力農民を郷足軽にとりたてる制度をつくった。弘化(こうか)2年10月26日死去。59歳。通称は亀丸。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

新庄直計の関連キーワード新庄直彪

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android