コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新庄直計 しんじょう なおかず

1件 の用語解説(新庄直計の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新庄直計 しんじょう-なおかず

1787-1845 江戸時代後期の大名。
天明7年1月8日生まれ。新庄直規(なおのり)の長男。享和3年(1803)常陸(ひたち)(茨城県)麻生(あそう)藩主新庄家(第2次)7代をつぐ。大番頭(おおばんがしら),奏者番をつとめる。家臣の不足をおぎなうため有力農民を郷足軽にとりたてる制度をつくった。弘化(こうか)2年10月26日死去。59歳。通称は亀丸。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

新庄直計の関連キーワード寛政の改革寛政改革フェデラリスツ桂川甫粲緑色岩森羅万象林忠英バナジウム恋愛小説ロシア哲学

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone