新庄直計(読み)しんじょう なおかず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新庄直計 しんじょう-なおかず

1787-1845 江戸時代後期の大名。
天明7年1月8日生まれ。新庄直規(なおのり)の長男。享和3年(1803)常陸(ひたち)(茨城県)麻生(あそう)藩主新庄家(第2次)7代をつぐ。大番頭(おおばんがしら),奏者番をつとめる。家臣の不足をおぎなうため有力農民を郷足軽にとりたてる制度をつくった。弘化(こうか)2年10月26日死去。59歳。通称は亀丸。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android