コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新沢千塚 にいざわせんづか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新沢千塚
にいざわせんづか

奈良県橿原市川西,一 (かず) ,鳥屋町にわたって分布する古墳群。数百基に及んでいる。その多くは径約 15mの円墳であるが,なかに若干の前方後円墳などを含む。内部は主体は棺を直葬したものが多く,横穴式石室粘土槨などが少しみられる。おもに5世紀頃のものであるが,新沢千塚 126号墳から出土した金製耳飾りや,コバルト色のガラス皿と,その上に置かれたと思われるガラス壺,漆盤に描かれた四神図の文様などは,日本の古墳の出土遺物と相違があり,注目されるものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新沢千塚
にいざわせんづか

奈良県橿原(かしはら)市にある群集墳形態の大古墳群。「しんざわ~」ともいい、川西(かわにし)千塚、鳥屋(とりや)千塚とよばれたこともある。奈良盆地南部の越智丘(おちおか)丘陵上に密集する。約500基の小型の円墳で構成されるが、前方後円墳、前方後方墳、方墳などもある。1962年(昭和37)から66年に、奈良県立橿原考古学研究所が全体の約2割を発掘し、ほぼ全貌(ぜんぼう)を把握した。新沢茶臼山(ちゃうすやま)古墳(500号墳)のように前期の前方後円墳もあるが、大部分は5~6世紀の古墳で、木棺を直葬(ちょくそう)し、玉類、鉄刀、須恵器(すえき)などを副葬する。長方形墳の126号墳からは、ガラスの皿や碗(わん)、火熨斗(ひのし)、漆製盤(ばん)、黄金製の耳飾、指輪、腕輪、歩揺(ほよう)のほか銀製装身具など中国や朝鮮の文物が集中していた。1976年(昭和51)新沢千塚古墳群として国史跡に指定された。[森 浩一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の新沢千塚の言及

【千塚】より

…なかでも大阪府には八尾市郡川(こおりかわ)千塚,柏原市平尾山千塚,堺市陶器山(とうきやま)千塚,和泉市信太(しのだ)千塚などがあるが,年代の接近した数十基の古墳を呼ぶ場合が多く,近年に考古学者が命名したことの明らかなものもある。和歌山県岩橋(いわせ)千塚,奈良県新沢(しんざわ)千塚は,古墳数が数百基に達し,営造年代も4世紀後葉から6~7世紀におよぶ点で重要である。
【岩橋千塚】
 和歌山市東部の丘陵地帯に分布する古墳群の総称。…

※「新沢千塚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

新沢千塚の関連キーワード奈良県橿原市北越智町奈良県橿原市鳥屋町奈良県橿原市川西町奈良県橿原市橿原(市)新沢遺跡川西千塚東漢氏

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新沢千塚の関連情報