コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新穂高温泉 しんほだかおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新穂高温泉
しんほだかおんせん

岐阜県北東部,高山市の蒲田川河岸に沿って湧く温泉の総称。蒲田温泉,宝温泉,佳留萱温泉,槍見温泉,中尾高原温泉,および新穂高温泉の諸温泉をさす。泉質単純泉硫黄泉が多く,泉温は約 90℃で高い。胃腸病,やけどに効能があるといわれる。槍ヶ岳への登山基地で,山の湯治場であったが,西穂高岳中腹にロープウェーが架設されてから,一躍観光温泉の性格を帯びるようになった。国民保養温泉地に指定。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しんほたかおんせん【新穂高温泉】

岐阜県北東端、穂高連峰の西、蒲田川沿いにある硫化水素泉・硫黄泉。穂高温泉郷の一つで、飛驒山脈への登山基地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新穂高温泉
しんほたかおんせん

岐阜県高山市奥飛騨(おくひだ)温泉郷地区にある温泉。穂高連峰の西麓(せいろく)、蒲田(がまだ)川沿いの奥飛騨温泉郷の最奥にあたる。国民保養温泉地に指定されている。蒲田川やその支谷に沿って点在する蒲田、佳留萱(かるかや)、槍見(やりみ)、宝(たから)、中尾、新穂高などの各温泉の総称名でもあり、蒲田・中尾・新穂高の3源泉エリアに分けられる。泉質は炭酸水素塩泉、硫黄泉など。穂高連峰の登山基地で、ロープウェー(新穂高ロープウェイ、新穂高温泉―西穂高口)が1970年(昭和45)に開通し、全長3200メートル。JR高山駅からバス1時間30分、JR松本駅からバス2時間。[上島正徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

新穂高温泉の関連キーワード岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂新穂高[温泉]栃尾[温泉]岐阜県高山市日本アルプス栃尾温泉飛驒山脈中尾温泉双六岳笠ヶ岳上宝

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新穂高温泉の関連情報