槍ヶ岳(読み)やりがたけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長野・岐阜県境,飛騨山脈のほぼ中央部にある山。標高 3180m。山体は石英斑岩から成り,カール地形に囲まれ,山頂の先のように直立していることが呼称の由来である。南は穂高岳に続き,北西は三俣蓮華岳方面の「裏銀座縦走路」,北東大天井岳方面の「表銀座縦走路」と,北アルプス縦走のかなめをなす。南西から蒲田川がを発して神通川となり,南東の槍沢は梓川に入り,北側から高瀬川が源を発する。中部山岳国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

岐阜・長野両県境,飛騨山脈中央南寄りにある山。標高3180m。ヒン岩,結晶片岩からなる。山頂は槍の穂先に似た尖峰をなし,四方に尾根が分岐,南は穂高岳,北西は三俣蓮華岳に至る。槍沢,天上沢,千丈沢,蒲田谷右俣などの氷食谷がある。初めての登山者は越中の一向専修念仏行者の播隆で,1782年とされる。中部山岳国立公園に属し,登山には槍沢,東鎌尾根,西鎌尾根が多く利用される。
→関連項目木暮理太郎燕岳日本百名山飛騨山脈

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

飛驒山脈南部,長野県南安曇(みなみあずみ)郡安曇村,大町市,岐阜県吉城郡上宝村の境界に位置する山。標高3180mは日本第5位の高さである。山頂付近は槍の穂先のように鋭い尖峰を呈し大槍と呼ばれ,その北西斜面には小槍(こやり),孫槍(まごやり),曾孫槍(ひまごやり)などの尖峰が付随する。山頂からは東鎌尾根,西鎌尾根,槍・穂高稜線,北鎌尾根のやせ尾根東西南北の各方面にのび,南東側に信濃川水系の梓川槍沢,北東側に高瀬川天上沢,北西側に千丈沢,南西側に神通川水系の蒲田(がまだ)川右俣谷飛驒沢などの谷がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長野・岐阜県境にそびえる日本アルプスの主峰の一つ。穂高岳とともに北アルプスを代表する山で、中部山岳国立公園の中心をなしている。標高3180メートルは奥穂高岳より10メートル低く北アルプス第2位。山頂が槍の穂先のようにとがっているのでこの山名がついた。遠方から見ても、もっとも識別しやすい特徴をもっている。大槍とよばれる山頂部は8畳ほどの広さしかなく、登山者は下山者を待って順に登頂するほどである。大槍の北にはやや低い尖峰(せんぽう)の小槍があり、ロック・クライミングの対象。山頂部が尖峰をなしているのは角閃(かくせん)(ひん)岩が硬いため侵食されなかったからである。山頂部の北側は北鎌尾根が分ける千丈沢と天上(てんじょう)沢(ともに高瀬川に注ぐ)の谷頭が迫り、南東は梓(あずさ)川、南西は蒲田(がまだ)川の谷で、山全体が三角錐(すい)状になり、山頂周辺には槍沢カールをはじめ、天上沢カール、千丈沢カールなど氷食地形がある。この山に最初に登ったのは越中(えっちゅう)(富山県)の念仏行者播隆(ばんりゅう)で、1828年(文政11)の夏、登頂し、阿弥陀仏(あみだぶつ)などを納めたという。大槍への登頂のため鎖を取り付け、登拝者の便宜をはかった。近代的登山としては「日本アルプス」の名付け親であるイギリス人冶金技術者ガウランドW. Gouland(1842―1922)が1877年(明治10)に登り、日本人登山家では1902年(明治35)に小島烏水(うすい)と岡野金次郎が登ったのが最初である。登山コースは、中房温泉から燕岳(つばくろだけ)、東鎌尾根を経て槍ヶ岳へ登り、横尾から上高地(かみこうち)へ下る表銀座コースも一般的であるが、2泊を要する。なお、北鎌尾根ルートは一般登山道ではないバリエーションルート。[小林寛義]
『山崎安治他著『槍・穂高――近代アルピニズムの黎明』(1963・朋文堂)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の槍ヶ岳の言及

【播隆】より

…江戸後期の山岳行者。槍ヶ岳初登頂者。越中国(富山県)河内村生れ。…

※「槍ヶ岳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

槍ヶ岳の関連情報