コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新納(しんのう)鶴千代

デジタル大辞泉プラスの解説

新納(しんのう)鶴千代

1935年公開の日本映画。監督・脚本:伊藤大輔、原作:郡司次郎正による小説『侍ニッポン』、撮影:吉田清太郎。出演:阪東妻三郎山田五十鈴、松本泰輔、浅香新八郎、月形竜之介ほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新納鶴千代 しんのう-つるちよ

群司次郎正の小説「侍ニッポン」の主人公。
大老井伊直弼(なおすけ)の子でありながら日陰にそだったニヒルな浪人。尊攘(そんじょう)派にくわわるが,時代にもてあそばれるなかでしだいに孤立化,やがては父を桜田門外に襲撃する運命になる。昭和6年の発表とともに映画化され,西条八十(やそ)作詞,松平信博作曲の主題歌で有名。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

新納(しんのう)鶴千代の関連キーワード群司次郎正

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android