コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新納(しんのう)鶴千代

2件 の用語解説(新納(しんのう)鶴千代の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

新納(しんのう)鶴千代

1935年公開の日本映画。監督・脚本:伊藤大輔、原作:郡司次郎正による小説『侍ニッポン』、撮影:吉田清太郎。出演:阪東妻三郎山田五十鈴、松本泰輔、浅香新八郎月形竜之介ほか。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新納鶴千代 しんのう-つるちよ

群司次郎正の小説「侍ニッポン」の主人公
大老井伊直弼(なおすけ)の子でありながら日陰にそだったニヒルな浪人。尊攘(そんじょう)派にくわわるが,時代にもてあそばれるなかでしだいに孤立化,やがては父を桜田門外に襲撃する運命になる。昭和6年の発表とともに映画化され,西条八十(やそ)作詞,松平信博作曲の主題歌で有名。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

新納(しんのう)鶴千代の関連キーワード主公北日本ニッポニアニッポン南日本英雄にっぽんニッポン泥棒物流ニッポンMADE in ニッポンリポートにっぽん群司次郎正

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone