コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新貞老 しん さだおい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新貞老 しん-さだおい

あたらし-さだお

新貞老 あたらし-さだお

1827-1899 江戸後期-明治時代の国学者。
文政10年9月18日生まれ。因幡(いなば)鳥取藩士。飯田秀雄,加納諸平にまなぶ。文久3年尊攘(そんじょう)派として京都本圀(ほんこく)寺で二十士事件にかかわり,入獄。維新後,佐渡県権(ごんの)知事,宇倍神社宮司をつとめた。明治32年3月9日死去。73歳。本姓衣笠。通称は五郎,田中良達,新庄恒蔵。号は真木園。著作に「万葉集摘英新釈」「催馬楽解」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

新貞老の関連キーワード明治時代国学者

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android