コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新陽明門院 しんようめいもんいん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新陽明門院 しんようめいもんいん

1262-1296 鎌倉時代,亀山上皇の女御(にょうご)。
弘長2年生まれ。近衛基平(このえ-もとひら)の娘。文永11年(1274)上皇の後宮にはいり,12年女御,ついで准三宮(じゅさんぐう)となり,院号をうける。啓仁親王,継仁(つぐひと)親王を生む。正応(しょうおう)3年出家。永仁(えいにん)4年1月22日死去。35歳。名は位子(いし)。法名は覚証。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

新陽明門院

没年:永仁4.1.22(1296.2.26)
生年:弘長2(1262)
鎌倉後期の女院。関白近衛基平の娘。名は位子。文永11(1274)年亀山上皇に嫁す。翌年2月女御となり,3月院号宣下。啓仁親王,継仁親王(いずれも早世)を生む。また僧侶(松殿兼嗣の子)と密通し,女子を生んだことが『増鏡』にみえる。

(秋山喜代子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android