コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

位子 いし

3件 の用語解説(位子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

位子
いし

奈良,平安時代に使用された法律用語で,律令にはこの用語は直接みえないが,『続日本紀』や平城宮出土木簡にはこの語が記されている。内六位以下八位以上の位階を有する者の子を意味する。このうち,律令法上特権を認められるのは,原則として嫡子に限られ,養老軍防令によれば,位子中の嫡子は,年 21に達すれば,京国の官司の勘検を受け,上中下の3等に分たれ,上等は大舎人,中等は兵衛,下等は使部に任用されることになっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

い‐し〔ヰ‐〕【位子】

律令制で、六位以下、八位以上の位階にある人の嫡子。21歳でまだ官職のない者は、試験をして大舎人(おおとねり)兵衛(ひょうえ)などに任じられた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いし【位子】

日本古代の律令官人の任用法上での資格身分の一つ。蔭子孫(おんしそん),白丁(はくてい)とともに,任用法上の資格身分体系を形づくる。内六位から内八位までの官人の嫡子を位子とよび,本人の才幹によって上・中・下等に区分して,それぞれ大舎人(おおどねり),兵衛(ひようえ),使部(つかいべ)に採用されるが,位子不足の場合には,庶子も兵衛に採用する規定であった。また位子およびこれに準ずる庶子は,大学への情願入学がみとめられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の位子の言及

【入色人】より

…日本古代の律令官僚制で,それぞれの官職に採用される有資格者,またその下級職員に採用された人をいう。大宝・養老両令条では,内舎人(うどねり)・大舎人・東宮舎人・中宮舎人などに採用される資格をもつ蔭子孫(おんしそん)や,大舎人・兵衛・使部に任用される資格をもつ位子(いし)も,入色人のケースである。そして諸官庁に属する伴部らになりうる負名氏(なおいのうじ)の有資格者も入色人であり,たとえば主殿寮の殿部(とのもり),掃部司の掃部(かにもり),主水司の水部,造酒司の酒部,囚獄司や東・西市司の物部などになりうる有資格者たちが入色人とよばれた。…

※「位子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

位子の関連キーワード季禄式部省白丁自由任用上日選叙特別任用笹山晴生蔭子孫入色人

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

位子の関連情報