方薬(読み)ホウヤク

デジタル大辞泉の解説

ほう‐やく〔ハウ‐〕【方薬】

薬剤を調合すること。調剤。
「療術、―の事を聞き給ひ」〈蘭学事始
《医療の心得がなく単に処方によって調合した薬の意から。一説に「方薬」は当て字とも》力もないのにいいかげんなことをすること。また、その人。
「そこは利根(りこん)者かと思へば、―なり」〈戴恩記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうやく【方薬】

薬剤を調合すること。また、その薬。 「官医の志ある方々は…、療術・-の事聞給ひ/蘭学事始」
〔医を心得ずに調合した薬の意から〕 物事の道理をわきまえない愚か者。軽薄。 「そこは、利根者かと思へば-なり/戴恩記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

方薬の関連情報