方薬(読み)ホウヤク

デジタル大辞泉の解説

ほう‐やく〔ハウ‐〕【方薬】

薬剤を調合すること。調剤。
「療術、―の事を聞き給ひ」〈蘭学事始
《医療の心得がなく単に処方によって調合した薬の意から。一説に「方薬」は当て字とも》力もないのにいいかげんなことをすること。また、その人。
「そこは利根(りこん)者かと思へば、―なり」〈戴恩記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうやく【方薬】

薬剤を調合すること。また、その薬。 「官医の志ある方々は…、療術・-の事聞給ひ/蘭学事始」
〔医を心得ずに調合した薬の意から〕 物事の道理をわきまえない愚か者。軽薄。 「そこは、利根者かと思へば-なり/戴恩記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほう‐やく ハウ‥【方薬】

〘名〙
① 薬剤を調合すること。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※蘭東事始(1815)上「官医の志ある方々は、年々対話といふ事を願て、彼客屋に行き、療術・方薬の事聞給ひ」 〔後漢書‐方術伝・華佗〕
② 医療のことをわきまえないで、単に処方によって調合した薬。転じて、実力がなく間に合わせのことなどをすること、また、そういう人のたとえ。一説に「方薬」はあて字とも。〔文明本節用集(室町中)〕
※随筆・戴恩記(1644頃)下「そこは利根者かと思へば、方薬なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

方薬の関連情報