既視感(読み)キシカン

デジタル大辞泉の解説

きし‐かん【既視感】

一度も見たことがないのに、すでにどこかで見たことがあるように感じられること。デジャビュ。
1の誤用から)過去にどこかで見た覚えがあること。「既視感のあるデザイン」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きしかん【既視感 déjà vu[フランス]】

今までに見たことのない情景を前にして,〈以前すでにこの情景を見たことがある〉という感じを抱く心的体験で,デジャ・ビュともいう。同類の〈すでに体験したことがある〉という既体験感déjà vécuと結びつくことが多い。記憶の再認障害に関係があるとされ,正常人にも一過性にみられることがあるが,多くは精神障害(離人神経症,精神分裂病,側頭葉癲癇(てんかん)など)の際に現れる症状である。これと対照的なのが,すでに出会ったはずの情景を〈見たこともなく不可解である〉と感ずる未視感jamais vuである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

既視感の関連情報