コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日下部裕之進 くさかべ ゆうのしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日下部裕之進 くさかべ-ゆうのしん

1836-1860 幕末の武士。
天保(てんぽう)7年生まれ。日下部伊三次(いそうじ)の長男。常陸(ひたち)水戸藩領で生まれるが父とともに鹿児島藩に復帰。安政5年水戸藩への攘夷(じょうい)の勅諚(戊午(ぼご)の密勅)の写しを江戸の水戸藩邸にとどける。安政の大獄で逮捕され遠島の刑に処せられることになったが,万延元年閏(うるう)3月3日獄中で病死。25歳。名は信政。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日下部裕之進の関連キーワードビュヒナー(Karl Georg Büchner)小野善右衛門クレンツェ万延第二帝政ラトビア郡内騒動天保の飢饉タルカットニコライ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android