コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日中覚書貿易 にっちゅうおぼえがきぼうえき

1件 の用語解説(日中覚書貿易の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

日中覚書貿易【にっちゅうおぼえがきぼうえき】

1968年から始められた日中間の覚書貿易(memorandum trade)MT貿易とも。1963年―1967年のLT貿易廖承志高碕達之助の両国通商代表者名にちなむ。
→関連項目岡崎嘉平太松村謙三

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の日中覚書貿易の言及

【覚書】より

…また,国家間の意思伝達の方法ではないが,複数の国家の民間団体相互間における合意を文書にまとめたものを覚書ということがある。たとえば,日中覚書貿易などがそれである。1958年以来の日中貿易中断のあとを受けて,63年に廖(りよう)=高碕覚書によるLT貿易が開始され,68年にはLT貿易は覚書貿易とその名称を変えて,1年ごとの取決めで行われるようになった。…

※「日中覚書貿易」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日中覚書貿易の関連キーワード間の宿片貿易日明貿易ルナ隗より始めよ中間禅トーチリレー昼日中世の覚え日中航空交渉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone