コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日中覚書貿易 にっちゅうおぼえがきぼうえき

百科事典マイペディアの解説

日中覚書貿易【にっちゅうおぼえがきぼうえき】

1968年から始められた日中間の覚書貿易(memorandum trade)MT貿易とも。1963年―1967年のLT貿易廖承志高碕達之助の両国通商代表者名にちなむ。
→関連項目岡崎嘉平太松村謙三

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の日中覚書貿易の言及

【覚書】より

…また,国家間の意思伝達の方法ではないが,複数の国家の民間団体相互間における合意を文書にまとめたものを覚書ということがある。たとえば,日中覚書貿易などがそれである。1958年以来の日中貿易中断のあとを受けて,63年に廖(りよう)=高碕覚書によるLT貿易が開始され,68年にはLT貿易は覚書貿易とその名称を変えて,1年ごとの取決めで行われるようになった。…

※「日中覚書貿易」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

日中覚書貿易の関連キーワード岡崎 嘉平太日中関係劉希文

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android