コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高碕達之助 たかさきたつのすけ

6件 の用語解説(高碕達之助の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高碕達之助
たかさきたつのすけ

[生]1885.2.7. 大阪
[没]1964.2.24. 東京
経営者,政治家。水産講習所を出てアメリカで製缶技術を学ぶ。 1917年東洋製缶を創設した。 41年鮎川義介に誘われ満州重工業副総裁,43年同総裁となり終戦。 47年帰国。 52年電源開発初代総裁に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たかさき‐たつのすけ【高碕達之助】

[1885~1964]政治家・実業家。大阪の生まれ。大正6年(1917)東洋製缶を設立。昭和17年(1942)満州重工業総裁に就任し、戦後は在満日本人引き揚げに尽力した。昭和30年(1955)衆議院議員に初当選の後は、経済企画庁長官・通商産業大臣などを歴任。日ソ漁業交渉や日中国交正常化交渉など、外交の舞台で活躍した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

高碕達之助【たかさきたつのすけ】

実業家,政治家。大阪府出身。水産講習所卒。アメリカで製缶技術を学び1917年東洋製缶会社を創設。1941満州重工業開発会社副総裁,翌年総裁就任。戦後は公職追放となるが1952年電源開発会社総裁に就任,佐久間ダムを建設。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高碕達之助 たかさき-たつのすけ

1885-1964 大正-昭和時代の実業家,政治家。
明治18年2月7日生まれ。大正6年東洋製缶を設立。戦時中は満州重工業開発総裁をつとめ,終戦の際日本人引き揚げに尽力する。昭和29年から鳩山内閣経済審議庁長官,30年衆議院議員(当選4回,自民党),第2次岸内閣の通産相などをつとめる。また日ソ漁業交渉,日中貿易の促進に活躍した。昭和39年2月24日死去。79歳。大阪出身。水産講習所(現東京水産大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

たかさきたつのすけ【高碕達之助】

1885‐1964(明治18‐昭和39)
実業家,政治家。大阪府高槻の農家に生まれる。中学校の教師に水産の重要性を教えられ農商務省水産講習所製造科に入学,1906年卒業後,東洋水産会社技師長となる。12年メキシコに渡り缶詰工場建設を指導,のちアメリカへ移り製缶技術を学んで帰国。17年東洋製缶会社を創立し支配人となり,以後20余年製缶事業にうちこむ。41年鮎川義介に招かれ満州重工業開発会社副総裁に就任,翌年鮎川の後を受け総裁となる。終戦時は在満日本人会会長として日本人の引揚げに尽力,47年帰国。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高碕達之助
たかさきたつのすけ
(1885―1964)

実業家、政治家。大阪府生まれ。水産講習所卒業。1917年(大正6)東洋製缶を設立。1942年(昭和17)満州重工業総裁。1952年電源開発初代総裁。1954年鳩山一郎(はとやまいちろう)内閣経済企画庁長官。1958年第二次岸信介(きしのぶすけ)内閣通産相。1955年衆議院議員(民主党)、以後連続4回当選。同年アジア・アフリカ会議に政府代表として出席したほか、日ソ漁業交渉など経済外交で活躍。1962年11月の日中総合貿易協定で、中国側の廖承志(りょうしょうし)とともに調印にあたった。そのため、この時期の日中貿易は廖と高碕のイニシャルをとり、LT貿易とよばれた。[荒 敬]
『刊行会編『高碕達之助集』全2巻(1965・東洋製缶) ▽『私の履歴書 経済人1』(2004・日本経済新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の高碕達之助の言及

【日中貿易】より

…この第2の原則に基づき,友好貿易という形でいわゆる〈友好商社〉が日本側の窓口になり,日中貿易をその後担っていくことになる。62年11月,高碕達之助廖承志(りようしようし)との間で,長期,総合,バーター(バーター貿易),延払い(延払輸出)を基本とする〈日中総合貿易に関する覚書〉が取り交わされ,廖,高碕の頭文字をとったLT貿易が始まった。これは先の第1の貿易原則である政府間協定ではないが,それに準ずる(準政府ベース)取決めであった。…

※「高碕達之助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

高碕達之助の関連キーワード大阪府高槻市大手町大阪府高槻市下大阪府高槻市城内町大阪府高槻市辻子大阪府高槻市高槻町大阪府高槻市南平台大阪府高槻市野田大阪府高槻市野見町大阪府高槻市柱本大阪府高槻市原

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高碕達之助の関連情報