コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

廖承志 りょうしょうし Liao Cheng-zhi

8件 の用語解説(廖承志の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

廖承志
りょうしょうし
Liao Cheng-zhi

[生]光緒34(1908).8. 東京
[没]1983.6.10. 北京
中国の政治家。父は廖仲 愷,母は何香凝。両親の日本留学中に生れ,暁星小学校に学び,1919年帰国。国民党に入党。 27年再び来日,早稲田大学に入学し 28年中退。中国共産党に入党し,ヨーロッパで活動,32年ソ連を経て帰国。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りょう‐しょうし〔レウ‐〕【廖承志】

[1908~1983]中国の政治家。東京生まれ。父は国民党左派の指導者、廖仲愷(ちゅうがい)。長征、抗日戦に参加。人民共和国成立後は日中国交回復に尽力。中日友好協会発足以来、その会長を務めた。リアオ=チョンチー

リアオ‐チョンチー【廖承志】

りょうしょうし(廖承志)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

廖承志【りょうしょうし】

中国の政治家。広東省の人。廖仲【がい】(ちゅうがい)の子。日本生れ。1928年早大在学中済南(さいなん)事件関係の排日デモを行い,国外追放。ヨーロッパ遊学ののち,1932年上海で中国国民党に逮捕されたが釈放,日中戦争初期に香港で活動,1942年―1946年国民党に再逮捕される。
→関連項目何香凝日中覚書貿易

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

廖承志 りょう-しょうし

1908-1983 中国の政治家。
明治41年9月25日父廖仲愷(ちゅうがい)の亡命先の東京で生まれる。母は何香凝(か-こうぎょう)。大正8年一時帰国ののち再来日,昭和3年早大第一高等学院在学中に逮捕され送還される。同年中国共産党にはいり,のち長征にくわわる。1949年中華人民共和国の共産党中央委員となり,華僑対策などを担当。1962年高碕達之助LT貿易を実現。中日友好協会会長。1983年6月10日死去。76歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

りょうしょうし【廖承志 Liào Chéng zhì】

1908‐83
中国の政治家。中国国民党創設の元老の廖仲愷と何香凝(1878‐1972)を両親に東京で生まれ,育った。1925年,中国共産党に入党。紅軍の長征に参加したのち,周恩来の指導下に香港で抗日民族統一戦線工作に従事した。新中国成立後は,対日関係および華僑工作の責任者として活躍。62年には,高碕達之助との間に〈LT貿易覚書〉を締結し,日中の結びつきに貢献した。中日友好協会会長として日本人との知友関係が深い。82年,中共中央政治局委員に選ばれ,国家副主席就任を目前にして,急逝した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りょうしょうし【廖承志】

1908~1983) 中国の政治家。東京生まれ。廖仲愷ちゆうがいの子。長征・抗日戦に参加。新中国成立後、日中国交回復に尽力。中日友好協会会長・全人代常務委員会副委員長も務めた。リアオ=チョンチー。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

廖承志
りょうしょうし / リヤオチョンチー
(1908―1983)

中国の政治家。廖仲(りょうちゅうがい)と何香凝(かこうぎょう)(女性運動指導者)の息子として東京に生まれる。1925年中国共産党入党。嶺南大学卒業、早稲田(わせだ)大学を1928年(昭和3)中退、ヨーロッパ留学から1932年帰国して逮捕される。釈放後、江西ソビエトに入り、1934年長征に参加、1935年延安で出版局長を務めた。日中戦争中は香港(ホンコン)を中心に活躍。1942~1946年香港で国民党により投獄されていたが、人民共和国成立後は共産党幹部(1956年中央委員など)となり、とくに華僑(かきょう)問題、統一戦線活動を指導。1962年高碕達之助(たかさきたつのすけ)との間に「LT貿易覚書」を締結。1964年以降、中日友好協会会長であった。[加藤祐三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の廖承志の言及

【日中貿易】より

…この第2の原則に基づき,友好貿易という形でいわゆる〈友好商社〉が日本側の窓口になり,日中貿易をその後担っていくことになる。62年11月,高碕達之助廖承志(りようしようし)との間で,長期,総合,バーター(バーター貿易),延払い(延払輸出)を基本とする〈日中総合貿易に関する覚書〉が取り交わされ,廖,高碕の頭文字をとったLT貿易が始まった。これは先の第1の貿易原則である政府間協定ではないが,それに準ずる(準政府ベース)取決めであった。…

【廖仲愷】より

…1924年以降も中国国民党の農民部長,工人部長,黄埔軍官学校代表,広東省長を歴任,孫文死後は国民党左派の指導者として新三民主義政策を堅持したが,右派のため暗殺された。夫人の何香凝(かこうぎよう)女史も同盟会,国民党で活躍した婦人革命家であり,中国日本友好協会会長,中国共産党政治局委員をつとめた廖承志はその子である。【久保田 文次】。…

※「廖承志」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

廖承志の関連キーワード王寵恵胡漢民中国革命同盟会陳誠陳立夫鄧演達董必武馬英九合作中国国民党臨時行動委員会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

廖承志の関連情報