コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日中国交回復 にっちゅうこっこうかいふく

1件 の用語解説(日中国交回復の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

にっちゅうこっこうかいふく【日中国交回復】

中華人民共和国が成立したのは1949年であるが,日本が中国と正常な国交関係を樹立したのは72年の日中共同声明においてであった。新しい中国が誕生してから23年目の国交樹立であり,日本は79番目の中国承認国となった。日中国交回復が遅れていたのは,日本がそれまで台湾の中華民国政府を中国の正統政府と認める立場をとっていたからである。1951年12月,サンフランシスコ講和会議(9月)の後に,自由党の吉田茂総裁はアメリカダレス国務長官あてに書簡を送り中華民国と講和条約を結ぶ意志を表明した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日中国交回復の関連キーワード簡体字中華人民共和国朝鮮民主主義人民共和国北京五星紅旗人民服人民民主主義張瀾中国人民銀行

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日中国交回復の関連情報