暦日(読み)れきじつ

精選版 日本国語大辞典「暦日」の解説

れき‐じつ【暦日】

〘名〙
暦法に基づいて定められた、こよみの上の一日。また、その一日一日の月日経過。また一般に、月日、年月。
※御堂関白記‐長和元年(1012)一二月八日「仍十五以後令書日」 〔唐太上隠者‐答人詩〕
② こよみ。
※政事要略(1002頃)二五「儒伝云、以小治田朝十二年歳次甲子正月戊申朔、始用暦日」 〔南史‐傅昭伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「暦日」の解説

れき‐じつ【暦日/歴日】

こよみで定められた1日。また、その1日1日の月日の経過。月日。「山中―なし」
こよみ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例