コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西行桜 さいぎょうざくら

5件 の用語解説(西行桜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西行桜
さいぎょうざくら

能,地歌の曲名。 (1) 能 世阿弥作。太鼓入りの序の舞物。三または四番目物。老木の桜の精をシテ,西行法師をワキとして,西行の歌を中心に桜の美しさを描く。 (2) 地歌 大坂の菊崎検校左一 (菊永門,『歌曲時習考』の校訂者) の作曲。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さいぎょうざくら〔サイギヤウざくら〕【西行桜】

謡曲。三番目四番目物世阿弥作。庵(いおり)へ桜を見に集まる人々を嫌う西行の詠歌を桜の精が非難し、春の宵を惜しみつつ舞をまう。
地歌・箏曲(そうきょく)。菊崎検校作曲。手事物(てごともの)。歌詞はに基づく。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さいぎょうざくら【西行桜】

(1)能の曲名。三番目物世阿弥作。シテは桜の精。京都西山の西行法師(ワキ)の庵の桜が満開で,大勢の見物人(ワキヅレ)がやって来る。遠路の訪問者をすげなく断ることもできず庭に通すが,西行は内心迷惑なので,〈花見んと群れつつ人の来るのみぞあたら桜の咎(とが)にはありける〉と和歌を口ずさむ。その夜の夢に,木陰から桜の精の老人が現れて,〈桜の咎〉とは承服できないと不満を述べる。だがいっぽう西行の知遇を得たことを喜びとし,京都の名所名所の桜を数えあげてその景色をたたえ(〈クセ〉),ものさびた舞を舞い(〈序ノ舞〉),夜明けとともに消えていく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さいぎょうざくら【西行桜】

能の一。四番目物。世阿弥作。大勢の花見客のため閑居の楽しみを妨げられた庵室の西行は、それが花の咎とがであると歌に詠む。やがて、桜の精が現れ、西行の歌に反論して桜の名所を語り、ともに春宵しゆんしようの興趣を楽しむ。
地歌の一。菊崎検校作曲。手事物てごとものに基づく。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西行桜
さいぎょうざくら

能の曲目。四番目物、またその情緒の幽玄味により三番目物に準じても扱う。五流現行曲。世阿弥(ぜあみ)作。歌人西行(ワキ)の庵室(あんしつ)の名木の桜。花見の人のにぎわいを嫌い、西行は今年の花見禁制(きんぜい)を寺男(アイ)に告げさせる。しかし押し寄せてきた大ぜいの花見客。しかたなく招じ入れる。これも桜の科(とが)と西行は歌を詠む。「花見にと群れつつ人の来るのみぞあたら桜の科にはありける」。西行の夢のなかに現れた老木の精(シテ)は、桜の責任ではないと反論し、京都の桜の名所を美しく描写し、閑雅に舞って暁(あかつき)とともに消えうせる。老いた桜の精は、いわば西行の詩心の投影であり、墨絵で都の花を描いてみせるというような凝った手法の能である。類似の能に、観世小次郎信光(のぶみつ)作の『遊行柳(ゆぎょうやなぎ)』があり、西行に歌を詠まれた老いた柳の精が閑寂に舞う。ともに名作である。[増田正造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の西行桜の言及

【西行】より

…西行の伝説は,発心出家の動機と決断をめぐるもの,山居のきびしい修行にたえる行者の姿を語るもの,文覚や西住などとの交遊,崇徳院の供養に関するもの,頼朝にもらった銀の猫を門外に遊ぶ子供に与えたというような無欲潔癖な性格を伝えるもの,院の女房や江口の遊女と歌を読みかわしたというような数寄の心の持主として伝えるもの,など多方面にわたっている。室町時代に入ると,西行は連歌師の理想像となり,謡曲では幽玄の極致をあらわす人物として《雨月》《江口》《西行桜》《松山天狗》の主人公となり,他の数々の曲にも登場している。また御伽草子の《西行》などによっても,その名は広く知られることになった。…

※「西行桜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

西行桜の関連キーワード井筒当麻一番目物梅枝兼平三番目物百万経政花筐海人(海士)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西行桜の関連情報