コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤清 いとうきよし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊藤清
いとうきよし

[生]1915.9.7. 三重,北勢
[没]2008.11.10. 京都
数学者。確率微分方程式を創始し,確率解析の基礎を築いた。1938年東京帝国大学理学部数学科を卒業,大蔵省,内閣統計局を経て 1943年名古屋帝国大学助教授となる。1953~79年京都大学教授,1979年同大学名誉教授。この間,アメリカ合衆国のプリンストン高等研究所研究員,スタンフォード大学,コーネル大学,デンマークのオーフス大学の教授を併任,1976~79年京都大学数理解析研究所長を務めた。その後,学習院大学教授。内閣統計局勤務時代の 1942年,数学誌に論文「マルコフ過程を定める微分方程式」を発表し,「確率積分」の概念を定式化した。第2次世界大戦後,この論文を整備し英訳した論文を発表,その基本となる確率微分方程式は世界的に「伊藤の公式」と呼ばれるようになった。この理論は,数学界だけでなく経済学,工学,物理学,生物学などに大きな影響を与えた。特に経済学では,1970年代にフィッシャー・ブラック,マイロン・S.ショールズ,ロバート・C.マートンらが開発したデリバティブ理論で,伊藤の確率解析の方法を積極的に取り込み,数理ファイナンスという分野が確立された。1978年日本学士院賞・恩賜賞,1987年勲二等瑞宝章,1998年京都賞,2006年ガウス賞,2008年文化勲章を受けた。著書に『確率論の基礎』(1949),『確率論』(1991)など。(→確率論数学の応用

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いとう‐きよし【伊藤清】

[1915~2008]数学者。三重の生まれ。京大・学習院大教授。京大数理解析研究所所長を務めた。確率過程を研究。予測が難しい微粒子の動きを表す「伊藤の公式」とよばれる確率微分方程式は、金融工学にも応用された。平成18年(2006)の第1回ガウス賞受賞。平成20年(2008)文化勲章受章。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

伊藤清【いとうきよし】

数学者。三重県出身。東京帝国大学(現,東京大学)理学部数学科卒業。京都大学教授,数理解析研究所所長,学習院大学教授などを務め,京都大学名誉教授。主著に《確率論の基礎》《確率論》などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤清 いとう-きよし

1915-2008 昭和時代の数学者。
大正4年9月7日生まれ。昭和27年京大教授となり,51年同大数理解析研究所長。のち学習院大教授。確率過程を研究し,伊藤公式とよばれる確率微分方程式の基本公式を創始した。確率微分方程式の研究で,53年学士院恩賜賞。平成15年文化功労者。18年第1回ガウス賞。20年文化勲章。平成20年11月10日死去。93歳。三重県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の伊藤清の言及

【確率微分方程式】より

…ランダムな外力を伴う運動方程式。ブラウン運動を変換して,マルコフ過程を構成する問題から研究が始まり,伊藤清により確率論の一分野として確立された。雑音に汚染された自然現象の記述などに広く用いられる。…

※「伊藤清」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伊藤清の関連キーワードブラックショールズの方程式石清水八幡宮文書伊藤清永美術館伊藤十郎左衛門ルベーグ積分恩賜賞受賞者神谷 源之助アーベル賞神谷源之助宮寺縁事抄中国神話昭和時代中山忠彦伊藤解析伊藤清永伊藤道随伊藤定太嶋 昇崑崙山女媧

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊藤清の関連情報