コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤清 いとうきよし

3件 の用語解説(伊藤清の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊藤清
いとうきよし

[生]1915.9.7. 三重,北勢
[没]2008.11.10. 京都
数学者。確率微分方程式を創始し,確率解析の基礎を築いた。1938年東京帝国大学理学部数学科を卒業,大蔵省内閣統計局を経て 1943年名古屋帝国大学助教授となる。1953~79年京都大学教授,1979年同大学名誉教授

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

伊藤清【いとうきよし】

数学者。三重県出身。東京帝国大学(現,東京大学)理学部数学科卒業。京都大学教授,数理解析研究所所長,学習院大学教授などを務め,京都大学名誉教授。主著に《確率論の基礎》《確率論》などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤清 いとう-きよし

1915-2008 昭和時代の数学者。
大正4年9月7日生まれ。昭和27年京大教授となり,51年同大数理解析研究所長。のち学習院大教授。確率過程を研究し,伊藤公式とよばれる確率微分方程式の基本公式を創始した。確率微分方程式の研究で,53年学士院恩賜賞。平成15年文化功労者。18年第1回ガウス賞。20年文化勲章。平成20年11月10日死去。93歳。三重県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の伊藤清の言及

【確率微分方程式】より

…ランダムな外力を伴う運動方程式。ブラウン運動を変換して,マルコフ過程を構成する問題から研究が始まり,伊藤清により確率論の一分野として確立された。雑音に汚染された自然現象の記述などに広く用いられる。…

※「伊藤清」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伊藤清の関連キーワード遠山啓秋月康夫国枝元治小堀憲今野武雄沢田吾一末綱恕一淡中忠郎中山正村田全

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊藤清の関連情報