コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本書紀通釈 ニホンショキツウシャク

デジタル大辞泉の解説

にほんしょきつうしゃく【日本書紀通釈】

日本書紀の注釈書。70巻。飯田武郷著。明治32年(1899)成立。同35~42年刊。江戸時代の諸注釈の説を集成したもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

にほんしょきつうしゃく【日本書紀通釈】

注釈書。飯田武郷(たけさと)著。1899年(明治32)完成。70巻。平田篤胤の門に学んだ武郷が晩年に書いたもので,《日本書紀》の中世・近世の諸注釈を集大成することにより生まれた。本居宣長の《古事記伝》,ほぼ同時代の伴信友,鈴木重胤,栗田寛などの説もよく利用されている。その平明で詳細な注釈は,あまり独創性はないが,明治中期以前の研究と津田左右吉以後の現代の研究を区別する分水嶺をなしている。【平野 仁啓】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

にほんしょきつうしゃく【日本書紀通釈】

注釈書。七〇巻。飯田武郷著。1899年(明治32)成立。江戸時代の国学者の日本書紀注釈の集大成。若干の自説を述べる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本書紀通釈の関連キーワード国学者自説

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android