コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本書紀通証 ニホンショキツウショウ

世界大百科事典 第2版の解説

にほんしょきつうしょう【日本書紀通証】

注釈書。谷川士清(ことすが)著。1748年(寛延1)成る。35巻。《日本書紀》全体にわたる最初の詳細な注釈である。〈神代紀〉については中世の神道思想や垂加神道の影響がいちじるしく認められるが,〈皇代紀〉については日本や中国の文献を参照しながら,士清が独力で注釈したところが多い。《日本書紀》を正しく解釈することによって国体をあきらかにするという士清の意図は,国学の立場に近い。【平野 仁啓】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

にほんしょきつうしょう【日本書紀通証】

注釈書。三五巻。谷川士清ことすが著。1748年成立。62年刊。語義注釈のほか、垂加神道の立場からの解釈を述べる。日本書紀全巻にわたる最初の注釈。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本書紀通証の関連キーワード谷川士清旧宅谷川士清墓小寺清先

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android