日本海低気圧(読み)にほんかいていきあつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本海低気圧
にほんかいていきあつ

大陸や黄海などで発生し,発達しながら東北東から北東の方向に進み,日本海に入る低気圧。この気圧配置になると南西の強風が吹き,晴れて気温が上がる。特に日本海側では高温となり空気が乾燥し,フェーン現象が発生することも多い。低気圧や前線が接近し通過する北日本では,大雨や強風となることがある。春一番などはこの気圧配置のときに起こる。日本海低気圧に伴う寒冷前線が通過するときには,突風や雷などの激しい現象が起こり,寒冷前線の通過後は北西の風が吹き気温が下がる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

日本海低気圧【にほんかいていきあつ】

日本海を通る低気圧。真冬に現れる弱いものは一時的に日本海側の地方に晴れ間をのぞかせるが,春から初夏にかけて現れるものは発達することが多い。発達すると北日本は風雨(雪)が強まり,南側にあたる地方は南風が強まり気温が上がる。去ると寒冷前線がきて気温は下がる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本海低気圧の関連情報