コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春一番 はるいちばん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

春一番
はるいちばん

その年の立春から春分までの間に最初に吹く強い南寄りの風のこと。通常は日本海で低気圧が発達することによって生じる風であるため,海難事故,融雪洪水,なだれ,日本海側の地方ではフェーン現象で大火などを引き起こすことがある。気象庁の定義は,(1) 立春から春分までの間であること,(2) 日本海に低気圧があること,(3) 強い南寄りの風(風向は東南東から西南西まで,風速 8m/s以上)が吹くこと,(4) 気温が上昇すること,である。石川県能登地方や三重県志摩地方から西の各地で昔から使われている。長崎県郷ノ浦町では安政6(1859)年2月13日(新暦 3月17日)に長崎県五島沖に出漁した漁師 53人全員が,春の強い突風で遭難した。これ以後,郷ノ浦の元居地区では,春の初めの強い南風を「春一」または「春一番」と呼ぶようになったといわれている。一般に広く普及したのは 1960年代前半で,1963年からは一般新聞紙面の天気図欄に掲載されるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

春一番

春一番は、春先に初めて吹く南寄りの強風。気象庁の定義では「立春から春分までの間で、日本海で低気圧が発達し、初めて南寄りの強風(秒速8m以上)が吹き、気温が上昇する現象」。平均して2月下旬頃に吹く。木枯らし1号は、晩秋から初冬にかけ、初めて吹く冷たい北寄りの強風。平均して立冬の頃(大阪・東京地方、11月7日前後)に吹く。

(饒村曜 和歌山気象台長 / 宮澤清治 NHK放送用語委員会専門委員 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

春一番

気象庁によると、1859(安政6)年3月中旬、現在の長崎県壱岐島沖で強い南風にあおられ漁船が転覆。漁師53人が犠牲になり、それ以降、漁師らがこの強い南風を「春一」「春二」と呼び警戒する慣習が生まれた。これが「春一番」の由来だという。気象庁は50年から観測、発表するようになった。

(2006-03-26 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はる‐いちばん【春一番】

立春のころ、その年、初めて吹く強い南風。発達した低気圧が日本海を通るときに吹き、気温が急に上がる。はるいち。 春》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

春一番【はるいちばん】

長い冬が終わり,春の到来を告げて初めて吹く強い南風。船乗りによって古くいい出された言葉。気温が上がり,なだれや雪どけを起こす。発達した低気圧が日本海を通ったときに吹く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

とっさの日本語便利帳の解説

春一番

春先に初めて吹く強い南寄りの風。気象庁では「立春から春分までの間に、広い範囲で初めて吹く、暖かな強い南寄りの風(秒速八m以上)」としている。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

春一番

大阪で開催されている野外音楽イベント。1971~79年に大阪市天王寺区天王寺公園野外音楽堂でおこなわれ、一時中断後、1995年から大阪市中央区の大阪城公園大阪城音楽堂で、翌年以降は豊中市の服部緑地野外音楽堂で、2006年からは「祝春一番」という名称に改名して毎年5月のゴールデンウィークの時期に開催。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はるいちばん【春一番】

冬から春に移る時期(通常は立春過ぎ)に,初めて吹く暖かい南寄りの強風。通常,冬型の気圧配置がくずれ,温帯低気圧が日本海を発達しながら北東に進むときに吹き,春の訪れを告げるが,その後,寒冷前線が通過して急に寒さがぶり返すことが多い。しばしば海および山での遭難を引き起こす。春一番は元来漁業者によって使われていた言葉であるが,1950年代後半よりマスコミで使用され一般化した。なお,春一番に続く南寄りの強風を春二番,春三番と呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はるいちばん【春一番】

立春を過ぎて最初に吹く、昇温を伴った強い南風。日本海で低気圧が発達すると起き、太平洋側の異常高温、日本海側のフェーン現象などを起こす。 [季] 春。 《 雀らも-にのりて迅し /皆吉爽雨 》

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

知恵蔵miniの解説

春一番

日本のものまね芸人。1966年8月13日、神奈川県生まれ、岡山県育ち。本名・春花直樹。サラリーマンを経て、85年、18歳でお笑い芸人の片岡鶴太郎弟子入りし、3年間付き人を務めた。88年、NHKドラマ翼をください」で芸能界デビュー。その後、プロレスラーのアントニオ猪木のものまねを始め、「元気ですかー!」のフレーズで一躍人気者となる。猪木が唯一公認したものまね芸であり、98年の猪木のプロレス引退セレモニーにも出席、ディナーショーで共演も果たした。2005年、腎不全で緊急入院し一時は命も危ぶまれたが、06年にはテレビ復帰を果たした。以降、結婚式の余興を中心に定期的に仕事をしていたが、14年7月3日、肝硬変により急死した。享年47。

(2014-7-7)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

春一番
はるいちばん

冬から春へと季節が移るころ、冬のうちとは風向きの異なる強風が急に吹き出すことがある。この現象を戒めたことばで、漁業従事者たちの間で、海難防止の意味合いで使われだしたといわれる。春一(はるいち)ともいう。冬のうちの北風、西風を吹かせた西高東低型の気圧配置が崩れて低気圧が現れ、それが発達して日本付近を通ると風雨が強まる。とくに、低気圧が日本海を進んだときの南寄りの風は、たいへん強く吹く。上昇する気温に春を感ずるが、それよりも、吹きまくる南風による遭難、火災などを警戒すべきである。[平塚和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の春一番の言及

【風】より

…春の強風は〈春疾風(はるはやて)〉〈春荒(しゆんこう∥はるあれ)〉〈春嵐(はるあらし)〉などという。 春一番〈春一(はるいち)〉ともいう。立春後に初めて吹く暖かい南寄りの強風。…

【日本列島】より

…日本海低気圧がもたらす南西のち西よりの風は強く,昔から春は大風の季節といわれる。春一番,花あらし,メーストームなどと春の強風につけた雅名は多い。日本海低気圧は,待ちに待った春の暖風をもたらす一方,暴風雨雪,雪崩,融雪洪水,大火などの災害をもたらすことが多い。…

※「春一番」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

春一番の関連情報