日本電気システム建設(読み)にっぽんでんきシステムけんせつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本電気システム建設
にっぽんでんきシステムけんせつ

電気工事会社。 1953年,日本電気の営業部工事所が分離独立して日本電気工事を設立。 80年現社名に改称。 92年エヌイーシー (NEC) システム建設に呼称変更。通信・情報機等の取付工事業を主要業務とし,現在は,調査・設計・保守の一貫体制を行なっている。非 NTT通信工事の最大手。売上構成比は,情報通信システム 69%,施設エンジニアリング 16%,保守運用 15%。年間売上高 2238億 4800万円 (うち海外事業 12%) ,資本金 127億 6800万円,従業員数 3300名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android