コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日根野吉明 ひねの よしあきら

2件 の用語解説(日根野吉明の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日根野吉明 ひねの-よしあきら

1587-1656 江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)15年生まれ。日根野高吉(たかよし)の子。慶長5年父の急死で信濃(しなの)(長野県)高島城主となる。7年下野(しもつけ)(栃木県)にうつされ,壬生(みぶ)藩主。1万900石。寛永11年豊後(ぶんご)(大分県)府内2万石に転封(てんぽう)される。明暦2年3月26日死去。70歳。継嗣がなく,死後領地を没収された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ひねのよしあきら【日根野吉明】

1587‐1656(天正15‐明暦2)
江戸初期の武将。幼名は徳太郎。織部正を名のる。高吉の子で1600年(慶長5)信濃高島城2万8000石の遺領を継ぐ。02年1万5000石に減知され下野壬生城へ移領。15年(元和1)の大坂夏の陣では本多正信と同じく第3隊に列して軍功をあげた。34年(寛永11)豊後府内2万石に転封。56年府内で死去。継嗣がなく断絶。【細溝 典彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の日根野吉明の言及

【壬生[町]】より

…15世紀中ごろ土豪壬生氏が城を構えたが,1590年(天正18)小田原征伐で滅亡した。1602年(慶長7)日根野吉明(1万0900石)が城を再興し,17年(元和3)日光造営工事の副奉行をつとめた。城主は阿部忠秋,三浦正次をはじめ,松平(大河内)輝貞,加藤明英と頻繁に代わり,1712年(正徳2)鳥居氏が3万石で入り幕末に至った。…

※「日根野吉明」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日根野吉明の関連キーワード池田政周大岡忠吉織田長種勝継加藤泰觚菅沼定芳丹羽氏定丹羽長之松平直堅米津田盛

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone