コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日比谷平左衛門 ひびや へいざえもん

2件 の用語解説(日比谷平左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日比谷平左衛門 ひびや-へいざえもん

1848-1921 明治-大正時代の実業家。
弘化(こうか)5年2月21日生まれ。はじめ綿糸商,明治29年東京瓦斯(ガス)紡績(のちの富士瓦斯紡績)を創立。鐘淵(かねがふち)紡績,日清(にっしん)紡績の設立にもつくし,日清紡績会長などをつとめた。大正10年1月9日死去。74歳。越後(えちご)(新潟県)出身。旧姓は大島。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

日比谷平左衛門

没年:大正10.1.9(1921)
生年:嘉永1.2.21(1848.3.25)
明治大正期の実業家。越後国(新潟県)蒲原郡三条町の旅宿営業者大島栄造の3男。万延1(1860)年より江戸日本橋堀留の綿糸棉花問屋松本屋斎藤弥助のもとで奉公。明治11(1878)年日比谷ツネの養子となる。のち独立して日比谷商店を開店。29年東京瓦斯紡績の創立にかかわり専務取締役に就任。31年小名木川綿布(1903年富士紡績に合併)の取締役,翌年社長となる。33年森村市左衛門の懇請により経営不振の富士紡績の取締役となり,34年和田豊治を同社に招聘。39年富士紡績と東京瓦斯紡績は合併し富士瓦斯紡績となったが,社名中「瓦斯」を不要とする和田に対して日比谷は是非必要とし,結局日比谷の意見が通った。40年日清紡績の創立に加わり相談役に就任。43年から大正2(1913)年まで同社会長。明治40年以降没年まで鐘紡会長も務める。大正8年綿業専門の日比谷銀行を設立。第一生命,東京毛織,日本煉瓦の重役や東京商業会議所副会頭なども歴任。肺炎のため死去。<参考文献>実業之世界社編『財界物故傑物伝』下,『日清紡績六十年史』

(阿部武司)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日比谷平左衛門の関連キーワード五十嵐甚蔵伊藤退蔵今井藤七碓氷勝三郎太田保太郎鍵富三作(2代)久須美秀三郎捧吉右衛門槙哲山口達太郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone