日白残夢(読み)にちはく ざんむ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日白残夢 にちはく-ざんむ

?-1576 室町-戦国時代の僧。
臨済(りんざい)宗。永禄(えいろく)(1558-70)のころ東国地方を行脚(あんぎゃ)し,常陸(ひたち)(茨城県)の福泉寺,陸奥(むつ)会津(あいづ)(福島県)の実相寺住持をつとめた。奇行で知られた。天正(てんしょう)4年3月29日死去。享年139歳とつたえられる。号は宝山,大風道人。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android