コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日白残夢 にちはく ざんむ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日白残夢 にちはく-ざんむ

?-1576 室町-戦国時代の僧。
臨済(りんざい)宗。永禄(えいろく)(1558-70)のころ東国地方を行脚(あんぎゃ)し,常陸(ひたち)(茨城県)の福泉寺,陸奥(むつ)会津(あいづ)(福島県)の実相寺の住持をつとめた。奇行で知られた。天正(てんしょう)4年3月29日死去。享年139歳とつたえられる。号は宝山,大風道人。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日白残夢の関連キーワードポルロ北畠具教ルドルフ2世安土桃山時代(年表)天文学史(年表)カルダーノ北畠具教金剛流式年遷宮ザックス

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone