コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日野皓正 ひの てるまさ

2件 の用語解説(日野皓正の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日野皓正 ひの-てるまさ

1942- 昭和後期-平成時代のトランペット奏者。
昭和17年10月25日生まれ。少年時代から米軍キャンプなどで演奏。菊地雅章(まさぶみ)にさそわれ新世紀音楽研究所に参加。昭和40年白木秀雄クインテットメンバーとしてベルリンジャズ祭に出演する。50年からニューヨークに本拠をおき活躍。平成14年アルバム「D・N・A」で芸術選奨。東京出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日野皓正
ひのてるまさ
(1942― )

ジャズ・トランペット奏者。タップダンサーでトランペットも演奏する父親に、幼児期よりタップ・ダンスを、9歳からトランペットを習う。13歳で在日アメリカ軍キャンプのダンスバンドで音楽活動を始め、中学を卒業後ビッグ・バンドで演奏技術を身につける。その後、ピアノ奏者菊地雅章(まさぶみ)の誘いによって、先鋭的ジャズ・ミュージシャンの集まり「新世紀音楽研究所」に参加する。1964年(昭和39)ドラム奏者白木秀雄(1933―72)のクインテットに参加、翌65年このバンドでベルリン・ジャズ・フェスティバルに出演、ジャズ評論家ヨアヒム・ベーレントJoachim-Ernst Berendt(1922―2000)に賞賛され、ヨーロッパでの評価を高める。67年初リーダー作『アローン・アローン・アンド・アローン』を録音。68年菊地と双頭コンボ「日野=菊地クインテット」を結成。菊地の渡米によりグループ解散後は自己のバンドを率い、69年アルバム『ハイノロジー』のヒットで日本のトップ・トランペッターの地位を獲得する。
 1970年渡米、71年アルバム『ベルリン・ジャズ・フェスティバルの日野皓正』を録音。73年静岡県沼津(ぬまづ)市に転居。75年ニューヨークに移住し、アルト・サックス奏者ジャッキー・マクリーン、ギター奏者ラリー・コリエルLarry Coryell(1943― )らと共演、ピアノ奏者、編曲者ギル・エバンズのオーケストラに参加。79年、おりからのフュージョン・ブームにのってアルバム『シティ・コネクション』を発表、ふたたび日本での人気を盛り返す。81年、菊地との共演作『ダブル・レインボー』を録音。84年、東京・新橋演舞場にて歌舞伎役者5世中村勘九郎(かんくろう)(現18世中村勘三郎(かんざぶろう))らとの共演コンサート「ファンタスティック日野」を行う。85年、『ニューヨークエクスプレス』を出版。89年(平成1)、ブルーノート・レーベル初の日本人契約ミュージシャンとなり、アルバム『ブルーストラック』を制作する。
 1990年代に入り活動拠点をアジアに移し、アジア各国のミュージシャンによる「日野皓正&アジアン・ジャズ・オールスターズ」を結成、95年から北米、アジア・ツアーを行う。97年、台湾で行われた第16回国際芸術祭、シドニーで行われた日豪友好100周年記念コンサートに出演、アジア・太平洋地域との交流を深める。2000年ソニー・ミュージックと契約。01年国際交流基金による派遣ミュージシャンとして、インド、パキスタン公演を行う。同年カンボジアの子供のためのチャリティ・コンサートをプノンペンで行う。その後、大阪音楽大学、同短期大学部客員教授としてミュージシャンの育成に力を注ぐ。
 日野は菊地、渡辺貞夫と並んで世界的評価を得た日本のジャズ・ミュージシャンであり、また1950年代に渡米したジャズ・ピアノ奏者秋吉敏子に次ぐ、渡米ミュージシャンの第二世代に属する。彼らのもたらした情報が日本のジャズ・シーンに与えた影響は非常に大きい。[後藤雅洋]
『『ニューヨークエクスプレス』(1985・講談社)』
「『ベルリン・ジャズ・フェスティバルの日野皓正』CD(1990・ビクターエンタテインメント) ▽『シティ・コネクション』CD(1994・ビクターエンタテインメント) ▽『ハイノロジー』CD(1996・コロムビアミュージックエンタテインメント) ▽『ダブル・レインボー』CD(2000・ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル) ▽『アローン・アローン・アンド・アローン』CD(2000・コロムビアミュージックエンタテインメント)」

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日野皓正の関連キーワード白土三平ピエロのトランペット浅井慎平小関三平近藤等則鈴木幹也中川清司野末陳平藤原新平わち さんぺい

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日野皓正の関連情報