コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日野資愛 ひの すけなる

美術人名辞典の解説

日野資愛

江戸後期の公卿。字は子博、号は南洞・儀洞。資矩の子、資枝の孫。仕えて従一位准大臣に至る。皆川淇園儒学を学び、詩文・和歌・典故に通じた。弘化3年(1846)歿、67才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日野資愛 ひの-すけなる

1780-1846 江戸時代後期の公卿(くぎょう)。
安永9年11月22日生まれ。日野資矩(すけのり)の子。従一位,准大臣にのぼる。皆川淇園(きえん)に儒学をまなぶ。また詩文,和歌にもすぐれた。頼山陽ととくに親交があった。弘化(こうか)3年3月2日死去。67歳。号は南洞,儀同。日記に「公武御用日記」「資愛公記」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日野資愛の関連キーワード日野霊瑞

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android