日鑑(1)(読み)にちかん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日鑑(1) にちかん

1806-1870* 江戸時代後期の僧。
文化3年生まれ。日蓮宗。上総(かずさ)の宮谷檀林(みやざくだんりん)でまなび,越中の正顕寺,加賀の本長寺などの住職をつとめる。その間,浄土真宗の霊城と権実(ごんじつ)論争,日蓮宗の日輝(にちき)と本迹(ほんじゃく)論争をおこなった。明治2年12月8日死去。64歳。越前(えちぜん)(福井県)出身。俗姓は西野。字(あざな)は通義。号は永昌院。著作に「示正編」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android