通義(読み)ツウギ

大辞林 第三版の解説

つうぎ【通義】

広く一般に通用する道理。 「権理-の等しきを云ふなり/学問ノススメ 諭吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

つう‐ぎ【通義】

〘名〙
① 世間一般に通用する道理。広く一般に通じる普遍的な原理。
※史記抄(1477)一一「父母死て三年の喪は通義ぢゃぞ」
② 人が生まれながらにして等しく有する権利。
西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉二「訳書中に往々自由(原語「リヘルチ」)通義(原語「ライト」)の字を用ひたること多しと雖ども」 〔孟子‐滕文公・上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

通義の関連情報