コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日高変成帯 ひだかへんせいたい

3件 の用語解説(日高変成帯の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ひだかへんせいたい【日高変成帯】

日高山脈に分布する広域変成帯。片麻岩・混成岩・塩基性深成岩・超塩基性岩などからなる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

日高変成帯【ひだかへんせいたい】

北海道の日高山脈を構成する低圧高温型の広域変成帯新生代第三紀に主として地殻の深部〜上部が上昇して衝上(水平方向の圧力で他の岩体の上にのし上がること。他の岩体との境界は衝上断層となる)してきたものと考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ひだかへんせいたい【日高変成帯】

日高山脈の狩勝(かりかち)峠から襟裳(えりも)岬にかけて最大幅30kmで連続して分布する変成帯。原岩および変成作用の特徴から,西帯と主帯に区分される。西帯はオフィオライトを原岩とする緑色岩,角セン岩類などの変成岩からなる。一方,主帯は日高累層群を原岩とするホルンフェルス片状ホルンフェルス,片麻岩類,ザクロ石角セン岩,塩基性グラニュライトなどの変成岩からなる。両帯は西から東へ衝上する日高主衝上断層で境され,異質な構造単元が接着したものと考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日高変成帯の関連キーワードアポイ岳襟裳岬日高山脈日高山脈襟裳国定公園カリカチュールカリカチュアライズ豊似湖日高[町]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone