コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付加体 ふかたい accretional body

4件 の用語解説(付加体の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

付加体
ふかたい
accretional body

サブダクションゾーンや沈み込みプレートの場所で衝突が起こるときにできるたい積物をいう。すなわち,海洋プレートの表層に,まだ軟らかい水分を十分に含んだたい積物が乗っていて,大陸プレートまたは密度の高いプレートの下に海洋プレートが潜り込む際に,それが,この2者の境界面に次々にたまり,圧縮されて,だんだんに空隙率が小さくなり,たい積物がたい積岩となり,さらに,変成岩に変化していく。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふか‐たい【付加体】

海洋プレート大陸プレートの下に沈み込む際、その境界となる海溝の陸側に形成される地質構造。海底の表層部からはぎ取られた堆積物が、海洋プレートの沈み込みに伴い順次陸側に付加する。海溝に直交する断面がくさび型をしているため、付加プリズムともいう。日本列島の多くの部分はこれらの付加体群で構成される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

付加体【ふかたい】

海洋プレートが海溝トラフなどの沈み込み帯で沈み込むとき,海洋底の堆積物がはぎ取られて陸側に押しつけられてできる構造体。海溝より陸側の斜面先端部にいくつもの逆断層で繰り返し積み重なった構造を示す。
→関連項目イスア岩体南海トラフ日高変成帯

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

付加体
ふかたい
accretionary prism

海洋プレートが沈み込むとき、海洋底に堆積(たいせき)していたチャートや、海溝で堆積した砂岩泥岩互層などの砕屑(さいせつ)物が、衝上(しょうじょう)断層によって剥(は)ぎ取られたり底付けされたりして、陸側のプレートに張り付くことを付加作用という。このようにして張り付いた堆積物を付加堆積物、付加堆積物による集合体を付加体という。断面で見たとき、海溝の陸側の付加体の部分は三角形の形をしているため、これを付加プリズムとよぶ。また、付加堆積物が分布する地帯を付加帯とよぶこともある。
 付加体には、チャート→珪質(けいしつ)泥岩→泥岩→砂岩泥岩互層および砂岩という一連の層序をもつ地層(チャート‐砕屑岩シーケンス)が認められることが多い。これは、海洋プレート上で、遠洋性のチャートから始まり、陸に近づくにつれ珪質泥岩となり、海溝で泥岩および砂岩泥岩互層などが堆積するためで、プレートの移動に伴う堆積場の横の変化を反映している。チャート‐砕屑岩シーケンスが衝上断層で何回も繰り返しているとき、見かけの地層の積み重なり方は同じでも硅質泥岩・泥岩などは海溝側のほうが若くなることが多い。これは、海溝側にあるもののほうが、より後から海溝に到達したために、海溝での泥岩などの堆積年代が若くなるためである。衝上断層に伴ってデュープレックスが形成されたり、沈み込みに伴ってチャートや砂岩などのブロックが泥岩中に取り込まれたメランジュも形成されたりする。西南日本外帯の秩父帯(ちちぶたい)や四万十(しまんと)帯に多く存在するメランジュは、このようにして形成されたものが多いと考えられる。また、玄武岩質の海山や、その上に堆積した石灰岩が、泥岩基質に取り込まれることもある。秋吉石灰岩などの大規模な石灰岩体は、このようにして付加したものである。
 造山帯には付加作用で形成された地質体が多くあり、とくに日本列島のような、長期にわたって海洋プレートの沈み込みを受けた地域には、異なる時期による付加体が形成されている。古生代ペルム紀付加体の秋吉帯、中生代ジュラ紀の美濃(みの)‐丹波(たんば)帯、秩父帯北帯および三宝山(さんぼうさん)帯、中生代白亜紀から新生代古第三紀の四万十帯などは、その代表例である。これらの付加堆積物は、かつて地向斜堆積物とされたものである。地向斜・造山運動論は、プレートテクトニクスに基づく付加体説の登場によって、その役目を終えた。[村田明広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

付加体の関連キーワード海洋プレートイントロダクションユーラシアプレートリダクションプレーゾーンアブダクション/遭遇ベニオフゾーン和達‐ベニオフゾーンサブダクション帯サブスティチューションゾーン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

付加体の関連情報