コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旧悪免除 きゅうあくめんじょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

旧悪免除
きゅうあくめんじょ

江戸幕府の『公事方御定書』にみえる制度。旧悪とは,一般には古い悪事をいうが,いまの公訴の時効に相当する言葉である。江戸幕府では死罪以上の罪や永尋 (ながたずね) の場合以外は,ほかの犯罪にかかわりあいのないかぎりにおいて,12ヵ月以上経過していれば,旧悪と称してとがめないことにしていた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうあくめんじょ【旧悪免除】

江戸時代の刑事法における制度で,現在の公訴時効にあたり,過去の犯罪に対する刑罰権を消滅させるもの。《公事方御定書》によれば,犯行後犯罪から離れ,12ヵ月経過した場合には逆罪放火,邪曲にての殺人など一定の重い犯罪を除き,その罪は旧悪として科刑が免ぜられる。軽度の犯罪のみを対象とし,ことに盗罪からの離脱は,町村役人ら近隣の者の証言その他で明確に立証されなければならなかったため,時効までの期間の短さにもかかわらず適用は限られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

旧悪免除の関連キーワード江戸時代

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android