コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旧悪 キュウアク

2件 の用語解説(旧悪の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐あく〔キウ‐〕【旧悪】

過去に犯した悪事。「旧悪が露見する」
江戸時代、特定の重罪を除き、12か月以上を経て発覚した犯罪は、再犯や他の犯罪がなければ罰せられなかったこと。また、その犯罪。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きゅうあく【旧悪】

前に犯した悪事。 「 -を暴く」
江戸時代、逆罪・放火などの一定の重い犯罪を除き、犯行後一二か月以上、犯罪とかかわりなく過ごした者の犯罪。「公事方御定書」ではこれをとがめないとした。現在の公訴時効にあたる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の旧悪の言及

【吟味筋】より

…判決は口書が完成していれば死者に対してもなされた。公訴の時効を旧悪(きゆうあく)といったが,あまり適用されなかった。判決が申し渡されると,死刑,遠島の場合を除き,一同より判決の順守を約する落着請証文を出させて裁判を終わった。…

※「旧悪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

旧悪の関連キーワード悪事改悟改悛業苦宿悪尻が割れる前非悪巧み昨非古傷

旧悪の関連情報