コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆罪 ぎゃくざい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

逆罪
ぎゃくざい

江戸時代,従者の主人に対する,あるいは子の親に対する殺傷罪の総称。狭義には主殺親殺のみをさす。『公事方御定書』によると,主殺は2日晒,1日引廻鋸挽のうえ磔,親殺は引廻のうえ磔で,前者は幕府刑罰体系中最も重く,かつこの場合にのみ科せられた刑であり,後者はそれに続く重刑である。また,主人を傷害した者は晒のうえ磔,親を傷害ないし打擲した者は磔であり,主人,親に対して切りかかり,打ちかかる行為がすでに死罪とされていた。このことは縦の秩序維持が武家社会存立の基礎的要件であったことの必然的結果であり,これに違反する行為を逆罪と呼んで,出入扱いを禁じるとともに,旧悪 (公訴の時効に相当) および赦の適用外とし,また人相書を発して犯人を捜索するなど特別に取扱った理由もここにある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎゃく‐ざい【逆罪】

仏語。理にそむく、きわめて重い罪。五逆罪などがあり、無間(むけん)地獄に落ちる罪とされる。無間業。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぎゃくざい【逆罪】

江戸時代の犯罪類型。主人・親に対し,従者・子が反抗して殺傷におよんだものをいう。きわめて重く罰せられ,《公事方御定書》は,主殺(しゆうごろし)には二日晒(さらし),一日引廻,鋸挽(のこぎりびき)のうえ磔(はりつけ)という幕府刑罰中の最重刑を配し,親殺には引廻のうえ磔の刑を科した。逆罪には旧悪免除の適用はなく,(しや)も行われない。一方で縁坐の制を最後まで保持したのが,主殺・親殺であった。主従・親子の関係は,幕藩社会における基本秩序として,刑法上も厚く保護されたのである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぎゃくざい【逆罪】

〘仏〙 理にさからう大罪。無間むけん地獄に落ちる大悪罪。五逆罪・七逆罪など。
江戸時代、主人や親に対して殺傷に及ぶ罪。極悪の犯罪とされた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

逆罪の関連キーワードセントピーターローマカトリック教会クレムチウス・コルドゥスパウルス・ディアコヌス無体・無代・無台ソン・ゴク・タンすべての季節の男キーセン(妓生)エイサンゲリアストラフォードスクリボニウスシュピーゲルシュナイダーコルネリウスペトロニウスラ・グーマ新村善兵衛自分仕置令虎ノ門事件晒(刑罰)エンプソン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android