コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早植栽培 はやうえさいばい

1件 の用語解説(早植栽培の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はやうえさいばい【早植栽培】

農作物を普通期より早めに移植して育てる栽培法のことで,水稲作でいわれることが多い。水稲作では類似するものに,西南日本の暖地に普及している早期栽培があるが,早植栽培東北地方を中心に寒冷地に普及しているもので,その目的は早期栽培とは異なっている。寒冷地では熱帯起原の作物である水稲にとって生育可能な期間は限られており,とくに作期の始まりと終りの時期にはきびしい低温にさらされる危険が伴っている。第2次世界大戦後に普及した保温折衷苗代やその後出現するビニル資材を利用した各種の保護苗代は,寒冷な春先の気象条件下で健全な苗を育成することを可能にし,播種期ならびに移植期を20日以上早めた早植栽培を実現させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

早植栽培の関連キーワード施肥抑制栽培追熟トンネル栽培農作農作物早出し早掘り馴養早め