コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早期栽培 そうきさいばい

世界大百科事典 第2版の解説

そうきさいばい【早期栽培】

主として日本の水稲作にみられる栽培法の一つで,普通期の栽培と比較して1~2ヵ月早く播種し,作期を早めにずらせるものをいう。地域によって差はあるが,播種は3月中・下旬から4月上旬にかけて行い,8月中かおそくも9月上旬には収穫に至る。1950年代の半ばころに始まって西南日本暖地を中心に普及し,関東地方でも千葉県で広く実施されている。使用される品種はそれぞれの地域の普通期栽培のものとは異なり,穂が早く出る東北地方の品種が用いられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

早期栽培の関連キーワード高知県安芸郡東洋町バミューダ[諸島]大島(宮崎県)小野川[温泉]ジャージー島保温折衷苗代早期栽培地域佐藤 照雄ペンザンスガンジー島大浦[町]垂水[市]縞葉枯れ病アジャン早熟栽培宮崎平野神野新田石見高原農業気象早植栽培