コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保温折衷苗代 ほおんせっちゅうなわしろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保温折衷苗代
ほおんせっちゅうなわしろ

保温のために発熱資材や電熱などを用いず,温床紙,ビニルなどを使って,太陽熱を十分に取入れて保温育苗する折衷苗代。資材,設備費が節約されるだけでなく,育苗の規模を大きくし,大量の苗をつくることができる。水苗代を浅水にして苗床を揚げ床とし,その上に温床紙を被覆すると,初期生育が促され,健苗を早期に育成できることから,寒冷地の稲作の安定と西南暖地の早期栽培に役立っている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

保温折衷苗代【ほおんせっちゅうなわしろ】

乾田に保温資材を用いて育苗する苗代。代掻(しろか)きした田に揚床を作り播種する。種子が隠れるくらいに覆土した後,焼もみがらをかけ,さらにその上を油紙やポリエチレンフィルムで被覆する。
→関連項目苗代

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほおんせっちゅうなわしろ【保温折衷苗代】

油紙またはポリエチレン・フィルムで床面をおおい保温する折衷苗代。溝のみに湛水(たんすい)することで水苗代と畑苗代の利点を取り合わせ,さらに生長に好適な温度を与えるものである。1932年ごろ長野県軽井沢町荻原豊次が考案し,長野県農業試験場の岡村勝政らが改良を加えた。油紙保温折衷苗代として第2次大戦後,寒地の育苗法に広く採り入れられ,この地域の稲作発展に大きな役割を果たした。後に,油紙はポリエチレン・フィルムに代わり,暖地の早期栽培にも採用されるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の保温折衷苗代の言及

【苗代】より


[種類]
 苗代の様式は,水田苗代と畑苗代に大別される。水田苗代には普通水苗代,通し苗代,折衷苗代,簡易折衷苗代,保温折衷苗代などがあり,畑苗代には,普通畑苗代,温床苗代,冷床苗代,ビニル保温苗代などがある。このほか,各種資材による保護の有無によって,普通苗代,保護苗代といった分類がなされることもある。…

※「保温折衷苗代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報