明け烏(読み)アケガラス

大辞林 第三版の解説

あけがらす【明け烏】

夜明けに鳴く烏。また、その鳴き声。
新内の曲名「明烏夢泡雪あけがらすゆめのあわゆき」の通称。
人情噺の発端が独立した落語。息子の時次郎が余り堅過ぎるのを心配した父親が、だまして吉原の遊女屋へ行かせる。初め厭がっていた時次郎は遊女浦里の虜となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android