コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星山嘉入 ほしやま かにゅう

1件 の用語解説(星山嘉入の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

星山嘉入 ほしやま-かにゅう

1649-1721 江戸時代前期-中期の陶工。
慶安2年生まれ。星山仲次(金海)の次男金林の子。薩摩(さつま)(鹿児島県)竪野(たての)焼の陶工で,太白(たいはく)焼(白薩摩)で知られる。また宋胡録(すんころく),三島手などの作品をやいた。宝永年間に鹿児島藩窯の主任となる。享保(きょうほう)6年2月16日死去。73歳。号は金貞。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

星山嘉入の関連キーワードチャールズ木下長嘯子チャールズ享保の改革愛蘭噶爾丹河合曽良挙白集クロムウェル慶安御触書

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone