コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星山嘉入 ほしやま かにゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

星山嘉入 ほしやま-かにゅう

1649-1721 江戸時代前期-中期の陶工。
慶安2年生まれ。星山仲次(金海)の次男金林の子。薩摩(さつま)(鹿児島県)竪野(たての)焼の陶工で,太白(たいはく)焼(白薩摩)で知られる。また宋胡録(すんころく),三島手などの作品をやいた。宝永年間に鹿児島藩窯の主任となる。享保(きょうほう)6年2月16日死去。73歳。号は金貞。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

星山嘉入の関連キーワードチャールズ木下長嘯子ビジャヤナガル王国チャールズサベジチャールズ1世ウィンスロップクロムウェル(Oliver Cromwell)サルマシウスデカルト

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android