コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星状体 せいじょうたいaster

翻訳|aster

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

星状体
せいじょうたい
aster

動物細胞や下等植物細胞の核分裂の際に2つの中心体の各周囲に現れる細胞質起源の放射状の構造。分裂装置としての役割をする。ウニ卵の受精で核が融合するときにみられる単一で現れるものを単星 monasterといい,1対の星状体をまとめて双星または両星という。星状体をつくる1本ずつの糸は星糸 astral rayといい,ゲル状で複屈折性を示す。普通,核分裂終期には消える。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せいじょう‐たい〔セイジヤウ‐〕【星状体】

細胞分裂や受精のときに、中心体の周辺にできる放射状の小体。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せいじょうたい【星状体】

細胞分裂や受精の時に中心体の周囲にできる放射状の糸状構造の集まり。糸状構造は星糸という。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

星状体の関連キーワードガンフリント植物群尋常海綿細胞分裂有糸分裂前中期海綿

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android