コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星野道夫 ほしの みちお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

星野道夫 ほしの-みちお

1952-1996 昭和後期-平成時代の写真家。
昭和27年9月27日生まれ。田中光常の助手をへて,アラスカ大の野生動物管理学部に留学。アラスカの動物,自然,そこに生活する人々を撮影し,平成2年「アラスカ―極北・生命の地図」で木村伊兵衛賞。取材でおとずれたロシアのカムチャツカ半島クリル湖畔でヒグマにおそわれ,平成8年8月8日死去。43歳。千葉県出身。慶大卒。写真集に「グリズリー」「アラスカ―風のような物語」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

星野道夫の関連キーワード木村伊兵衛写真賞星野道夫さん星野 道夫

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

星野道夫の関連情報