星野香保(読み)ほしの かほ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

星野香保 ほしの-かほ

?-1904 明治時代の教育者。
医師星野宗仙の養女となる。養父死後,和裁により生計をたて養母につくす。郷里新潟県の小学校裁縫教師,芸娼妓(しょうぎ)裁縫所教師となる。明治22年長岡女学校を創立良妻賢母の家庭婦人の育成を目ざした。明治37年12月19日死去。名は嘉保ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android