コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春機発動期 シュンキハツドウキ

世界大百科事典 第2版の解説

しゅんきはつどうき【春機発動期 puberty】

動物の生殖腺(性腺)が成熟し,二次性徴が発現しはじめ,生殖可能になる生活史上の時期をさし,哺乳類に対してとくに用いる。ヒトでは思春期ともいう。たとえば,ヒトの場合,男性では急速な成長,恥毛や顔にひげの出現,声が低く太くなり,精神面での変化がともなう。女性では胸部が発達,恥毛の出現,腰まわりの増加,月経周期の開始などがみられる。他の脊椎動物でも性に関連した種々の徴候(性徴)が現れる。この時期の到来は,体の自発的な成熟だけでなく,栄養や温度や日照時間などの外的環境条件の影響も受け,視床下部を中心とした,性中枢が成熟にともなって活動を開始することによる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

春機発動期の関連キーワード生殖器官

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android