コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

晩白柚 バンペイユ

デジタル大辞泉の解説

ばんぺい‐ゆ【晩×柚】

《「晩」は晩生、「白」は果肉の色、「柚」は中国語でザボンの意》ミカン科の小高木。ザボンの一種。果実は大きく、最大直径25センチ、重さ4キロにもなる。果皮は薄い黄緑色、小袋に包まれた実は薄い酸味があり甘い。香りがよく、日持ちがする。収穫期は冬。熊本県八代地方などの特産。原産地は東南アジア。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

晩白柚(ばんぺいゆ)

熊本県八代市で生産される柑橘類。非常に大きなザボンの一種。果皮は光沢のあるレモン色で、果実は香りがよくさわやかな食味。2005年に八代市で収穫された4858gの重さの晩白柚は、ポメロ・みかん科で世界最大の果実としてギネス認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

晩白柚 (バンペイユ)

学名:Citrus grandis
植物。ミカン科の常緑小高木

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

晩白柚[果樹類]
ばんぺいゆ

九州・沖縄地方、熊本県の地域ブランド。
主に八代地域で生産されている。出荷用に生産しているのは熊本県だけである。世界最大の果実といわれ、2kg以上に育ち果皮もかなり厚い。台湾の白柚に似、晩生であることから晩白柚と名づけられた。保存性が高く、室内に置いて鑑賞したあとに食べることもできる。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

晩白柚の関連キーワードオーラスター熊本県八代市氷川(町)八代(市)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

晩白柚の関連情報