コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普化尺八 ふけしゃくはち

大辞林 第三版の解説

ふけしゃくはち【普化尺八】

表四孔、裏一孔、長さ一尺八寸(約55センチメートル)の一般的な尺八のこと。江戸時代に普化宗の虚無僧こむそうが宗教行為として吹いたことからの呼称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

普化尺八【ふけしゃくはち】

尺八

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふけしゃくはち【普化尺八】

尺八(楽器)の分類用語。虚無僧(こむそう)尺八ともいう。現在の普通の尺八(狭義)を指す。通常は単に尺八と呼ぶが,史上に現れた尺八(広義)には,雅楽尺八(古代尺八),一節切(ひとよぎり)尺八などの種別があるので,区別の必要上これらの呼称を用いる。その由来は,この種の尺八が江戸時代には普化宗(禅宗の一派)の法器とされ,虚無僧(普化宗の僧)のみが吹奏するものとされていたためである。尺八【上参郷 祐康】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の普化尺八の言及

【尺八】より

…名称は標準管長(1尺8寸)に由来する。日本の音楽史上に現れた広義の尺八には,古代尺八,天吹(てんぷく),一節切(ひとよぎり)尺八などもあるが,現行するのは普化(ふけ)尺八のみであるから,以下,それを主として解説する。〈普化尺八〉は〈虚無僧尺八〉とも呼ばれるが,江戸時代にこの楽器が普化宗(禅宗の一種。…

※「普化尺八」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

普化尺八の関連キーワード明暗流(みょうあんりゅう)虚鐸伝記国字解浦本 政三郎小梨 錦水神保政之助高橋 空山兼友 西園塚本 虚堂堀内 是空石原 無堂兼友西園樋口対山虚空鈴慕一尺八寸虚空流し調べ覚心