コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

晴れる/霽れる ハレル

デジタル大辞泉の解説

は・れる【晴れる/×霽れる】

[動ラ下一][文]は・る[ラ下二]

㋐雲や霧などが消えてなくなる。「青く―・れた秋空」「靄(もや)が―・れる」
㋑雨や雪が降りやむ。「午後には雨が―・れる」
心のわだかまり・悩みなどがなくなってさっぱりする。「すかっと気分が―・れる」「心が―・れない」
罪や疑いなどが消える。「容疑が―・れる」
展望が開ける。見晴らしがきく。
「前一町ばかりのほどは明らかに―・れて」〈宇津保・俊蔭〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

晴れる/霽れるの関連キーワード晴れ上がる・霽れ上がる・晴れ上る・霽れ上る朝焼けは雨,夕焼けは晴れ草子洗小町・草紙洗小町シンギュラリティー晴るかす・霽かす梅雨晴れ・梅雨晴夕焼けに鎌を研げ照る照る坊主梅雨入り晴れ溜飲が下がる明かりが立つ晴るく・霽く垢が抜ける腹が癒える晩晴・晩霽川霧・河霧温暖高気圧でしょう入澤正明四つ晴れ

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android