コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暖簾代 ノレンダイ

3件 の用語解説(暖簾代の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

のれん‐だい【×簾代】

商家で、長年勤めた奉公人が独立するときに出してやる資本金
企業のもつブランド力、製造販売などの知識技術、顧客との関係、従業員の能力など、無形の資産企業買収の場合、買収価格から買収される企業の純資産を引いた差額が暖簾代となる。プレミアム。→営業権

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

事業再生用語集の解説

暖簾代

のれん代とは、企業の無形資産の一種であり一般的に営業権のことを指す。M&Aの際に、買収された企業の純資産と買収価額(時価総額)との差額がのれん代として計上される。一般的には20年以内で均等に償却される。

出典|(株)セントラル総合研究所
事業再生用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

のれんだい【暖簾代】

商家で、奉公人に暖簾分けをさせるときに出す金。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone