コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暖簾代 ノレンダイ

デジタル大辞泉の解説

のれん‐だい【×簾代】

商家で、長年勤めた奉公人が独立するときに出してやる資本金
企業のもつブランド力、製造販売などの知識技術、顧客との関係、従業員の能力など、無形の資産企業買収の場合、買収価格から買収される企業純資産を引いた差額が暖簾代となる。プレミアム。→営業権

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

事業再生用語集の解説

暖簾代

のれん代とは、企業の無形資産の一種であり一般的に営業権のことを指す。M&Aの際に、買収された企業の純資産と買収価額(時価総額)との差額がのれん代として計上される。一般的には20年以内で均等に償却される。

出典 (株)セントラル総合研究所事業再生用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

のれんだい【暖簾代】

商家で、奉公人に暖簾分けをさせるときに出す金。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

暖簾代の関連キーワードEBITDA暖簾分け逆暖簾代奉公人商家